ヒアルロン酸は牛の目から発見されました。見つけたのは米国コロンビア大学の教授、パルマーとマイヤーでした。目(眼球)の部位である硝子体を指すギリシャ語の「ヒアロイド」と多糖類の構造を示す「ウロン酸」を合わせ、「ヒアルロン酸」と名付けられたこの物質は、1934年に論文と共に発表されました。一般的には、美容関係の商品等に名前が使われる際、「ヒアルロン酸」という名前が有名ですが、正式には「ヒアルロナン」として国際命名法で定められています。



ヒアルロン酸はムコ多糖と呼ばれるものの一種です。これは、炭素・酸素・窒素・水素からなっていて、アミノ酸です。そのためアミノ酸の構造と変わりはありません。特徴としてよく挙げられるのが、その分子量の大きさです。分子量が非常に大きいヒアルロン酸は、肌に塗布してもなかなか吸収されにくいという難点が出てしまうのです。そのため、ヒアルロン酸を美容目的等で使用したい場合は、直接注入するか、注射で部位に入れる方法が最も効果が期待できるとされています。



ヒアルロン酸は、体のいたるところに存在しています。皮膚の弾力を保つためだったり、関節を滑らかに動かすためだったり、眼球の形をしっかり保つためだったりと、非常に重要な役割を担っています。しかし、年齢とともに、ヒアルロン酸の体内での生成は衰え、年々減少していってしまうのがちょっと厄介です。だからこそ、ヒアルロン酸を利用したアンチエイジングが、注目されつつあるのです。

※ヒアルロン酸でお勧めのドリンクが美・皇潤です。美・皇潤は若干高めですが、エバーライフという健康食品大手から発売されていますし、吸収力がいいのでかなりお勧めできます。美容ドリンクってやつですね。